武雄のあかり展

≪開催日≫  7月21日(土)~9月30日(日)
土・日・祝・お盆(8月13日~8月15日)のみ

≪ 時 間 ≫  日没~22:00まで

古来より私達日本人は、昼は人の時間、夜は神々が活動的になる神の時間と考えてきました。

武雄のあかり展期間中は、ご神威が高まる夜に大楠を参拝することができます。
御神光をまとったようにライトアップされた大楠を参拝すれば、より神様を感じる貴重な体験ができます。

 

御神威が高まり御神光を放つようすを表現した大楠守は、あかり展期間中限定の霊験あらたかな開運招福の御守となっています。

 

全面に金粉をあしらった、あかり展期間中限定の見開き御朱印です。

 

 

平成27年(2015)に武雄温泉楼門100周年を記念して始まった「武雄のあかり展」は、今年で4回目を迎えます。
国指定の名勝地「御船山楽園」、日本の庭園100選にも選ばれる「慧洲園」、「武雄神社・武雄の大楠」、「武雄温泉楼門・新館」、「武雄市図書館」、「佐賀県立宇宙科学館《ゆめぎんが》」が会場になります。様々なあかりで彩られた観光名所が昼間とはまた違った表情を見せてくれます。
※ライトアップの期間・時間は、会場によって異なります。
詳細は武雄市観光協会のホームページをご覧ください≫