【武雄神社】縁結びスポットの夫婦檜や大楠でも知られる武雄神社の公式ホームページ/佐賀県武雄市武雄町

武雄神社のホームページへようこそ

武雄のあかり展

 

◆武雄神社(武雄の大楠) 7月14日(金)~9月30日(土)【期間中の金土日 祝日 お盆】    ライトアップ19:30(日没)~22:00

00
001

あかり展フォトギャラリー
大楠のパノラマ画像はこちら>>

k
境内で撮った写真にハッシュタグ『#武雄神社』を付けて奉納し、皆さまとのご神縁をおつなぎください。

武雄神社の御神木(武雄の大楠)

大楠31

私達の祖先は、自然界一つ一つの働きに神を感じ、森羅万象全てのものに神が宿るとして、怒りに触れないための祈りと自然の恵みに感謝を捧げ崇めてきました。 殊に大きな木や岩などには神を感じ、信仰の対象としてきました。

武雄神社の背後には、御船山の神奈備(神が隠れ住まう山)があります。 本殿裏の竹林を抜けると眼前が開け、そこには3000年の悠久の時を経て今もなお未来永劫に生き抜こうとする大楠が姿を現します。荘重で威厳に充ち満ちた力強さに、畏敬の念を抱かずにはいられません。 何事のおはしますかは知らねども かたじけなさに涙こぼるる (ここにどのような立派な神様がいらっしゃるのかはよく存じ上げませんが、おそれ多く身にしみるようなありがたさに、ただただ涙があふれます) これは平安末期の歌人でかの有名な西行法師が、伊勢神宮に詣でて、その時の感動を詠んだ詩です。 武雄の大楠においても、そこに「神様の説明」など必要ありません。その人知を超えた圧倒的な存在感に自然と涙し、幾度となくお詣りされる方があとを絶たちません。

推定 樹齢3000年 高さ27m 根回り26m 根元の空洞の広さは12畳敷 平成元年の環境庁の調査では、全国で6位の巨木

【大楠の場所はコチラ】

 

 

無題2無題無題1

最新投稿

  • 無題

    見開きの御朱印と御朱印帳の紹介

      【初穂料 各500円】 従来の金の見開き御朱印に加え、銀の見開き御朱印が増えました。 印影をより鮮明にするために、金粉と銀粉を使用しております。 金の見開きは大楠を参拝された証に、銀の見開きは夫婦檜を参拝された証とし …

    続きを読む...

  • 無題

    お火たき祭の御案内

    お火たき祭は、一年間私たちをお護り頂いた御札や御守を焼納し、神恩に感謝するお祭りです。【詳細>>】 毎年12月5日の午後7時30分より祭典が行われ、午後8時頃にお山に御神火が点火されます。ご家庭にある古くなった御札御守を …

    続きを読む...

  • IMG_3747

    10月23日の例祭(おくんち)を前に、九電工武雄営業所・武雄ライオンズクラブ・武雄市シルバー人材センター・五光建設株式会社の皆様に境内清掃を御奉仕いただきました。

    10月14日の早朝より、流鏑馬馬場周辺の除草作業を武雄市シルバー人材センター約60名の皆様に御奉仕いただきました。 10月15日には、石垣に生い茂った草などを高所作業車を使うなどして九電工武雄営業所・武雄ライオンズクラブ …

    続きを読む...

  • 無題1

    武雄神社例祭・流鏑馬日程

    続きを読む...

お知らせ

一覧